Filmyuto

埼玉周辺エリアなどで窓ガラスフィルム施工を承ります

代表挨拶

代表 小倉浩司

webサイトをご覧頂きありがとうございます。
フィルミュートは窓ガラスフィルム施工を通して「お客様の笑顔のために誠心誠意努力する」という経営理念のもと日々施工を行っています。
今後も揺るがない信念を原動力に新たなるチャレンジを積極的にしより良いサービス提供を行うことが喜びであり、楽しくも真剣に取り組んでいます。
代表 小倉浩司

窓ガラスフィルム施工のプロとして埼玉よりお伺いします

概要

会社名 フィルミュート
住所 〒359-0026
埼玉県所沢市牛沼139-3
電話番号

080-7225-2573

080-7225-2573

営業時間 9:00 〜 18:00

代表

小倉浩司

事業内容

窓ガラスフィルム施工

アクセス

全国広域で豊富な施工実績を持つ埼玉の窓ガラスフィルム施工会社として、お客様の暮らしの安全をお守りします。夏場の不快感、紫外線によるお肌のダメージ、災害によるガラス飛散、空き巣被害など、お客様の暮らしにおける様々なお悩みを自慢のフィルム施工で解決してまいります。お客様の暮らしのご不安を取り除けるよう、フィルム施工のプロとして精一杯取り組んでまいります。

高性能フィルム・確かな技術で暮らしの安全をお守りします

安心できるJIS規格適合製品のみを取り扱う埼玉県の窓ガラスフィルム施工会社として、関東エリアを中心に全国の広いエリアで活躍しております。優れた技術を持つ職人が高品質のフィルムを窓ガラスに丁寧に貼ることで、お客様のご自宅やオフィスの快適性・安全性を格段に高めていただけます。「日射しが眩しくて困っている」「夏場の不快な暑さを軽減したい」など、お客様のお悩みをぜひお聞かせください。

遮熱性・断熱性に優れたフィルムを窓ガラスに貼ることで日射しの透過や熱の伝導を大幅にカットすることができるため、夏場でも室内で快適にお過ごしいただけます。また、省エネ効果が期待でき、電気代の節約にも繋がります。その他にも、有害な紫外線をカットするフィルムや、災害などによる窓ガラスの破損時にガラス破片の飛散を防ぐフィルム、防犯を目的とした厚いフィルムなど、様々なニーズに対応できる製品を取り揃えております。お客様のお悩みやご希望に応じた最適な施工を行うことで、お客様の暮らしの安全をお守りします。

関東一円など広域で豊富なフィルム施工実績がございます

関東エリアなど全国広域で無料でお見積もりを承ります

「イメージを変えたいがリフォームすると時間もお金もかかる」など、お客様が抱えている幅広い悩みに確かなフィルムの施工でお応えいたします。店舗や戸建て住宅などで、気分やイメージを変えるために、一部をリフォームしたいと考えることがございますが、リフォームを依頼した場合は費用の負担や工事期間も長くかかるケースがほとんどです。しかも、面積の大きい部分を変えないと室内全体のイメージを変えられないため、リフォームによる費用もかさみやすいのです。その点、窓ガラスにフィルムを貼るだけなら、費用負担も少なくしかも短時間で終わるケースがほとんどです。デザイン性の高いフィルムもいくつかご用意していますので、お客様の希望するイメージに近いものをご案内いたします。

機能性に関する悩みにお応えするフィルムをご提案いたします。例えば、防犯性を高めるために窓ガラスを強化するのも手段の一つですが、防犯性の高い窓ガラスは価格も高いため手軽に交換できません。フィルムを貼るだけで窓ガラスを強化でき、泥棒や空き巣が窓を割るまでに時間がかかるため被害を防げます。

関東エリアを中心に全国で活躍する埼玉の窓ガラスフィルム施工会社として、高品質のフィルムを確かな技術で貼付いたします。遮熱・断熱フィルムはもちろんのこと、窓ガラス破損時の飛散を防ぐフィルム、有害な紫外線をカットするフィルム、防犯を目的としたフィルム、プライバシーを確保するフィルムなど、お客様の目的・用途に応じて最適な施工をご提案してまいります。信頼の置けるJIS規格適合製品のみを取り扱っており、腕利きの職人が窓ガラス1枚1枚に丁寧に貼付いたします。関東地域を中心に実績のある埼玉の窓ガラスフィルム施工会社として、お客様のご自宅やオフィスをより快適な空間に作り上げます。

フィルムは遮熱・断熱効果により室内の快適性を確保するだけではなく、災害や空き巣のような「万が一の場合」にもお客様をお守りします。大規模地震や台風などにより万が一窓ガラスが破損した場合でも、飛散防止フィルムを貼っておけば鋭利なガラス破片の飛散を防ぐことができるため、ご家族のお肌を傷付ける心配がありません。防犯用のフィルムであれば、空き巣などのご家庭への侵入成功率を大幅に減らすことができます。「備えあれば憂いなし」と言うように、「万が一」に備えて事前に対策をしておくことが重要です。